旅のメイクどうしてる?荷物を軽くしたい女子必見。

コスメって意外と重い。荷物が重いと機動力が落ちるのはわたしだけ?荷物が重いせいで、少しの遠回りやちょっとした買い物が億劫になったり、疲れやすくなったりしませんか?

この記事では、旅先や普段の持ち歩きコスメを軽くして、行動力をアップさせたい方に、オススメのアイテムをご紹介します。

持ち歩きコスメは何?

普段、どんなコスメを持ち歩いていますか?

わたしは、下記2点のみ

・チークと口紅が一つになったもの

・リップクリーム

しかしながら旅となると、全部を持っていくことになるので、結構重いです。ポーチを測ってみたら450gでした。

たかが450g、されど450g。ずっと持っているとじわじわとその存在感が増していくんですよね。

普段持ち歩かない分、旅の時はその重さが堪えます。。。

 

機内持ち込みの重さ

LCCを利用する時や滞在期間が短い時は、大抵、機内持ち込みにします。その方がロストバゲッジの危険もなく、荷物が出てくるのを待たなくても良いので気分的に楽なんです。

国際線の機内持ち込みは10kg以内。

13年間愛用中の機内持ち込みサイズのtumiは4.26kgと元が重く、PC(1.3kg)を加えると結構厳しいです。

LCCは7kg以内と重量制限がさらに厳しく、7kgを超えると追加料金が1万円以上という航空会社もあるため、死活問題に発展する恐れも。

「日本人女性にしては軽装すぎる」と怪しまれたことはあっても、今のところ重量オーバーしたことはありません。

 

もっと早く知りたかった!

そういう訳で、旅の荷物、普段の荷物を軽くしたい方に超オススメなアイテムをご紹介します。

 

rms beauty カラーパレット【クラシックコレクション】

このパレットはマジで秀逸でした。こんなのあるんだったらもっと早く知りたかった!(オンライン限定販売のようです)

①アンカバーアップ 11.5(ファンデーション)

②アイポリッシュ ラッキー(アイシャドウ)

③リップチーク プロミス(リップ&チーク)

④ルミナイザー(ハイライター)

⑤リップクリーム

この5点が小さなパレットで持ち歩けるって、なかなかない。

 

腕に薄く延ばしてみました。

*一番上の「アンカバーアップ 00」はわたしが今使っている色です。比較のために塗ったので、このパレットには入っていません。

 

パレットに入っている「アンカバーアップ 11.5」は、日本人の肌をより綺麗に見せてくれる色だと思います。

わたしはプロミスの色が気になっていましたが、メイクしてみると思った以上に馴染みました!

薄く、薄〜く色を重ねていくと、ふわっと上品に仕上がるような気がします。

 

ポーチの中がスッキリ!

参考までに、わたしの旅のメイクアイテムをご紹介します。(普段使ってるのと同じ)

【BEFORE】

・ファンデーション

・ハイライター

・アイシャドウ

・チーク

・チークブラシ

・アイライナー

・マスカラ

・アイブラウ

これがパレットを使うと

 

↓ ↓ ↓

 

こうなる!

超スッキリ!

【AFTER】

rms beauty カラーパレット【クラシックコレクション】

・アイライナー

・マスカラ

・アイブラウ

指先でつけられるから、ブラシも不要。

旅先だけでなく、お化粧直しにファンデーションやアイシャドウを使う方も、このパレットだけで済みます。

 

パーティにも大活躍

パーティの時のバッグって小さくないですか?

20代の頃は、サブバッグがハイブランドの紙袋でも恥ずかしくなかったんだけど、さすがに40も超えるとクラッチバッグひとつで上品に行きたいもんです。

これまでは、ルミナイザーとリップチーク(左側の丸い容器と同じサイズ)を2個持っていましたが・・・ガラス製なので意外重いのと薄いクラッチバッグの中で、ポコッと存在感をアピールしてました。

この7mmの差は大きい!

このパレットは、クラッチバッグにも余裕で入る薄さだから小さいバッグの時にも重宝します。

気になる成分は?

肌や体には、出来るだけ自然なものを取り入れたいわたしとしては、成分は気になるところ。

その点でも、rms beauty は安心なんです。

・無精製の成分を使用(濾過、漂白、消臭はしていません)
・熱を加えずに抽出したオイルを使用
・グルテンフリー、遺伝子組み換えフリー、大豆フリー、ナノ粒子フリー、そして動物実験をおこなっていません。

 

主な配合成分に、ヒマシ油、ミツロウ、カカオ脂、ホホバ種子油、オオミテングヤシ果実油 など、乾燥から守ってくれそうなオイルがたっぷり含まれているので、乾燥もあまり気になりません。(感想は個人や肌の状態によるので、あくまでも参考まで)

 

メイクしてみた!

パレットを使って、メイクしてみました。

「顔全体をファンデーションで厚く覆い隠すことなく、必要なところに必要な分だけつけること。それが健康的な肌色に魅せる秘訣です」

というのが、rms beautyの考え方。

ここ数年、ファンデは部分塗りです。

Before (左)→ After (右)

 

え〜・・・写真ではよくわかりづらいかもですが、大きな違いは、ファンデの色とアイシャドウ。(当社比)

●パレットの「アンカバーアップ 11.5」の方が、わたしの肌には色馴染みが良い→ ナチュラル感アップ

●パレットのアイシャドウの方が、女性らしさがアップ(暖色使ったことなかったけど、案外大丈夫な気がする)

 

ちなみに、ファンデーションを塗ったのは、

・眉の上から頬骨の下
・鼻
まで。

・おでこ
・こめかみ
・鼻の下〜あご

は塗っていません。

 

アンカバーアップ とルミナイザーはかれこれ、数年リピしています。お安くはないけど、部分塗りな上にすごく持つので、結果オーライなんですよね。

アイテムをあれこれ持つよりも、これひとつで荷物もポーチもスッキリ軽くなって気持ち良い。

欲を言えば、パレットの蓋の部分に鏡が付いてたら嬉しいな。

 

荷物を軽くしたい方に向けてのお知らせのつもりだったけど、使ってみたら思った以上に良かった。

みんなにオススメしたいアイテムです。

店舗にはないので、公式サイトからどうぞ!

rms beauty カラーパレット【クラシックコレクション】


 

他の商品はこちらからチェック。

【rms beauty アールエムエス ビューティー】

 

最新情報をチェックしよう!