【ワークアウェイ 】ホスト選び・申込みのポイント 受け入れられやすいアプローチ

ワークアウェイ に登録してからホストが決まるまで、3ヶ月かかりました。

日程が合わないとか、条件が合わないとか、わたしの自己紹介が雑だったとか(笑)、そもそも返事がないとか。

一方、「ウチに来ない?」というお誘いもありましたが、興味を持てないホストだったり、ものすごく行きづらい場所だったりと、合わない理由はやはり様々で。

この3ヶ月を通じて、「こうすればもっと早く決まる」と言うポイントを見つけたのでご紹介します!

ホストを選ぶ時のポイント

可能な限り、素敵なホストのところでワークアウェイ をしたいですよね。この数字の部分からも読み取れますので、参考にしてください。

 

Host rating

人によって受け取り方がまちまちなので特に気にしなくても良さそうです。

 

Last Activity

前回サイトを開いた日。ここが長い間放置されているようだと、申し込んでも返事は期待できません。少なくとも1週間以内の方が返信の確率は高いと思います。

 

Reply Rate

返信率。Last Activity 同様、返信率が低い場合も避けます。

 

Average Reply Time

返信に要する日数。こちらも遅いのは避けます。3日以内が理想的!

 

Feedback

わたしが一番重視したのはここです。Workawayer(=ワークアウェイ を利用した人のこと)からのフィードバック。「このホストでこんな体験をしたよ!」と言うリアルな声が聞けます。ホストの人となりが見えるので、行ってみたいと思うホストのフィードバックには必ず目を通しました。

 

 

申込む時のポイント

1軒毎申込?or 複数申込?

最初はすぐ決まるだろうと思っていたので、1軒毎にオファーしていました。しかし、意外にも、返信がすぐ(即日〜2日)来るのは稀でした。
会社の休みのように滞在期間が限られている場合は、早く決まった方が安心ですので、複数のホストに同時に申し込む人が多いようです。わたしも途中から、複数申込をしました。

申込のメール

「わたしはこんなお手伝いができます!」「こんなことを体験したい!」と積極的な感じで書きましょう!
プロフィールの内容と重なりますが、わたしが書いたのはこんな内容です。

Dear ●●
●●さま

Helio! Nice to meet you!
こんにちは。初めまして!

I am Miya, Japanese woman.
日本人女性のミヤと申します。

I am an openminded, hard working, honest person. I love to work at your place as a workwayer.
わたしはオープンマインドで、よく働き、正直な人間です。ワークアウェイヤーとしてあなたのところで働きたいです。

I guess I could help you like gardening, help in the house, help with the computer, and cooking. But let me know if you have other jobs!
ガーデニング、家の中のこと、コンピューター、料理などのお手伝いができます。それ以外のことも、ぜひお申し付けください!

This is my first workaway but I love to communicate and learn from local people through travel.
ワークアウェイは初めてですが、わたしは旅を通じて、ローカルな人とコミュニケーションしたり彼らから学ぶのが好きです。

I am available about 10days between Nov. 1st to Nov. 13th. Let me know your availability.
11月1日〜11月13日の間の10日間、可能です。ご都合をお知らせください。

I am looking forward to hearing from you.
Miya

返信お待ちしています。
ミヤ

・相手の名前はできるだけ書く

 ”Dear ●●” とホストの名前は書きましょう!日本語でも同じように、宛名のないメールは「コピペだな」と思われます。自己紹介に名前がなくても、フィードバックには書かれていることが多いです。できる限り名前は入れましょう。

 

・わたしはこんな人!
よく働く、正直、誠実、オープンマインド、親切など自分の性格をポジティブに書きましょう。

 

・どんなお手伝いができるか
ホストがメールの内容に興味を持たなければ、あなたのプロフィールを見ることはありません。メールでも「こんなことができます!」とアピールしましょう!

・日程

限定せず、「●月●日〜●月●日の間の2週間は大丈夫」など、相手が調整しやすいよう幅をもたせて書くと良いと思います。

 

 

【おまけ】申込メールNGフレーズ集

ホストとの会話の中で「こんなことを書いて来た人は、都合が悪いって受け入れなかったのよね」と教えてくれたことと、「この表現はよくなかったな」と自分の経験を合わせて書きましたので、ご覧ください。

 

NGフレーズ1「空港まで迎えに来てくれますか?」
確かに飛行機で何時間もかけて行くので、空港まで来てくれたら嬉しいですが、こちらから求めるのはちょっと違うような気がします。

 

NGフレーズ2「休みの日に●●へ連れて行ってくれますか」
休みの日の過ごし方は気になるところですが、会う前からホストに期待するのはちょっと。。。もし自分がホストだったら、と考えて見ると良いですね。他の方のレビューを見ると休日どうしていたのか参考になると思います。

 

NGフレーズ3「休みの日には●●●をしたい」
実は「休みの日には●●●をしたい」と1行入れて送ったホストが3人いたのですが、いずれも返信が来ませんでした。
たった1行ですが、これだけで「 お手伝いよりも自分のやりたいことをしに来る」と取られてしまうのだと思いました。

 

NGフレーズ4 謙虚な表現
「つまらないものですが」「至りませんが」的なへりくだる文化は、海外にはないので、ネガティブな人に取られる可能性があります。ファーストコンタクトのメールでは書かない方が良いです。ポジティブに!

 

お役に立てば嬉しいです!

ワークアウェイ のご登録はこちらからどうぞ。
最新情報をチェックしよう!