海外でワードプレスが使えなくなった時の対処法 MacBook Air

海外でワードプレスに繋がらなくなった。そんな時、何が起きたのか心配になりますね。
この記事では、再接続の方法をお伝えします!

繋がらなくなったときの状況

サンフランシスコ空港で、フリーWi-Fiに接続しワードプレスを使っていた際、急に接続が切れました。この時は、離陸が間もなくだったため、大して気に留めていませんでした。しかし、到着後、接続を試みるとWi-Fiにも繋がらなくなっていました。

 

問題を特定する

こんな時は、問題を特定しましょう。

他のデバイス(パソコン、スマホなど)で繋がるかどうか確認しましょう。

わたしの場合、iPhoneはWi-Fiに繋がるのでMacBookの問題でした。

・MacBook:Wi-Fi接続不可

・iPhone:Wi-Fi接続OK

 

ググる

海外で似たような問題が起きた方が親切にも解決策を記録してくれていますので、まずググりましょう!

「MacBook Air」「海外」「Wi-Fi 繋がらない」

キーワード検索して出てきたものを一個一個やっていきます。わたしは、ITの専門家ではないので、方法はより詳しい方にお任せします。アップデートの日付が新しく、図説があるものがわかりやすくて良いです。

 

裏技・アメリカのAppleサポート

わたしのMacBookは購入して7年になります。日本では、Appleサポートは3年間の有料サポートがありますが、とっくに切れてます。

ホストの携帯電話から電話しましたが、アメリカのサポートは、コンピューターのシリアルナンバーとEメールアドレスを伝えるとOKでした!(ホストの電話が登録されている模様)

【参考】サポートは英語なので、MacBookの言語を英語にしておくとやり取りがスムーズです!

MacBookの言語設定

システム設定>地域と言語>優先する言語を英語>”キーボード”環境設定>再起動

システム設定から「言語と地域」を選びます。

 

左側の「優先する言語」の中の「English」をドラッグ&ドロップで日本語の上に持っていきます。「地域」は「アメリカ」を選びます。

*左側の「優先する言語」に英語がなければ、左下の「+」から「English」を選び追加。

「”キーボード環境設定”」でMacBookを再起動します。

 

システムサポートでは、自分で検索したのとほぼ似たような対応で、解決せず。

わたしのシニアアドバイザーに繋いでくれた結果、セキュリティーソフトが影響しているのではないか、ということになりました。
セキュリティソフトを削除しても繋がらなければ、また連絡して、と番号を発行されました)

セキュリティソフトを削除

セキュリティソフトを削除するとインターネットに接続できました!わたしの場合は、セキュリティソフトが原因だったようです。

 

ワードプレスが開かない

インターネットには繋がりましたが、ワードプレスが開きません。

エラーはいくつも種類があります。「403エラー」で特定できますので、このキーワードで検索しましょう。

 

ググる

まずググる。何があってもググる。先人が解決してくれているはずです。

「ワードプレス」「403エラー」

これで多かったのが「サーバーの問題ではないか」ということ。

サーバーが影響しているとは、全く思っても見ませんでした。

 

サーバーをチェック!

わたしが利用しているサーバーは「ロリポップ!」なので、ロリポップ!を例にして話を進めます。

ホーム画面の「セキュリティ」から、「海外アタックガード」を選びます。

 

「海外アタックガード」が開きます。

 

このページの下の「ガード設定」から、該当サイトの右側の「無効にする」を選びます。

わたしの場合は、これでワードプレスにつながりました!

お役に立てば、幸いです。

 

*複数のサイトを持っている場合は、個別に設定できます。ワードプレスの利用が終わったら、安全のため、また「ガード有効」に設定しておきましょう。

 

 

最新情報をチェックしよう!